バッファロー HDMIセレクター BSAK302 レビュー

バッファロー HDMIセレクター BSAK302 レビュー

どうも、しそです。

バッファロー HDMIセレクター BSAK302 レビューについてご紹介します。

(SHARP オーブンレンジ RE-SA50A-W レビュー②の続編です。)

セレクター購入の経緯

先日購入した、富士通製のノートPC。

(富士通 FMV LIFEBOOK WU2/C3 レビュー②を参照のこと。)

13.3インチの液晶ディスプレイで、解像度はフルHD(1,920×1,080)を採用し、スペックは必要十分。

持ち運ぶ分には十分な作業スペースだが、日常的に書斎で据え置くには手狭で、やや不便。

高精細過ぎるが故に、米粒のように小さく表示されるデスクトップを見ると、未だにWXGA(1,366×768)採用のノートPCが多い理由も頷ける。

(日常的に拡大表示をするならば、初めから低解像度でも十分賄えると言う発想。ただし、低スペックノートPCは操作・自重とも重く、キーボードの押し心地も悪い。)

そして、2015年当時、張り切って購入したEIZO製モニター。

(富士通 FMV LIFEBOOK WU2/C3 レビュー①を参照のこと。)

世間的には高級機とされる折角の名機が、無用の長物として眠るのも大きな問題。

いざ活用しようと思うと、生じるHDMIの接続変更。

書斎で使用する機器は、死にかけのデスクトップPC、買ったばかりのノートPC、たまに長男と遊ぶNintendo Switchの三機。

(11年の時を経て、星のカービィ ウルトラスーパーデラックスにハマっている長男。ヤマブキシティで停滞する、ピカブイ。)

ちなみに、モンスターボールPlusが付いたお買い得なセットは、Amazonでの新品価格が税込7,170円。

定価税込10,770円を考えると、これでも十分に安いが、楽天市場での中古価格は税込4,488円と大きく値崩れ。

何これ…発売4ヶ月で半額以下とか、めっちゃお買い得ですやん…

Amazon


ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ モンスターボール Plusセット- Switch

楽天市場


【中古】[Switch](ソフト単品)ポケットモンスター Lets Go! イーブイ(ポケモン レッツゴーイーブイ) モンスターボール Plusセット(限定版)(HAC-R-ADW3A)(20181116)

使用機器の変更の都度、HDMIケーブルを差し替えするのはストレスが溜まる。

何よりも、頻繁な抜き差しは端子が傷む元。

よって、高コスパなHDMI切替器が必要と判断し、購入の検討に至った。

セレクターの選定

価格.comにて、売れ筋順にて検索。

圧倒的人気の、BUFFALO製BSAK302。

Amazon


iBUFFALO HDMI切替器 3台用 リモコン付 Nintendo Switch動作確認済 ブラック BSAK302

価格順でも第7位で、Amazonで税込1,564円と大健闘。

(第1位は上海問屋製DN-10721で、税込862円。レビューを見る限り、相性に不安あり。)

発売日が2011年11月26日とやや古い機種だが、そこは信頼性と捉えることとし、当該機種で決定。

(そもそもHDMI自体が、2002年から歴史がある息の長い規格。ライセンス料の関係から、ビジネス用途ではDisplayPortが主流のようだが、結局は権利関係で揉めている様子。)

同時に、HDMIケーブルが1本不足していたので、追加購入。

採用条件としては、安く・短く・信頼性のあるものとし、Amazonベーシックの0.9mを選定した。

Amazon


Amazonベーシック ハイスピード HDMIケーブル – 0.9m (タイプAオス – タイプAオス)

税込575円と、格安。

今なら何と、10%オフクーポンの適用で税込517円。

(またもや買い時を逃す、しそ。この価格で、送料込。クロネコDM便でなく、宅急便。まじでヤマト運輸は死ぬのでは…)

それでは、到着を待つ。

開封の儀

本体表面。

見ての通り、開封時に写真を撮り忘れると言う失態。

(だいたいiPhoneサイズの、小さなダンボールに入っていた。レビューブログとしてはイマイチの出来だが、元より自由にやって行くスタイル。)

AC電源は不要で、入力のHDMI-1~-3よりDC電源が供給される様子。

(3入力・1出力の仕様。)

右手の押しボタンで、1→2→3の順に画面切替が可能。

(順送りが面倒なため、付属のリモコンを活用。)

本体裏面。

両脇に滑り止めが施されており、安定して平置きが可能。

リモコン表面。

実測はしていないが、非常に軽量。

①:デスクトップPC、②:ノートPC、③Switchとした。

リモコン裏面。

ボタン電池の、CR2025にて駆動。

付属電池の寿命は、これから判断。

受信部表面。

感度は非常に良く、間に遮るものがなければ、適当な方向に向けても反応する。

受信部裏面。

安定の、3M製粘着シール。

今回は使用しないが、置き場所に困る際には便利。

運用遠景。

徐々に新設ノートPCの環境に慣れながら、既設デスクトップPCを壊れるまで使い倒すべく、左右1台ずつ計2台のPCを起動。

(ノートPC側で拡張表示をすれば、1台でマルチディスプレイ環境。)

BGMとしてノートPCでアニメ・Youtubeを流しながら記事を執筆。

(コードギアス、やっと第2期まで来た。劇場までは遠い。)

嫁さんと同時使用の際は、分離して別個の机で作業。

たったの税込2,139円にて、諸々の課題は解決し、これにて一件落着。

A to Z。

ありがとう、Amazon。

税金は、ちゃんと払えよ。

 

以上、バッファロー HDMIセレクター BSAK302 レビューについてご紹介しました。

おすすめの家電・ガジェットについて、今後もまとめていきたいと思います。

それでは、また。