転職方法

どうも、しそです。

今回は、転職方法についてご紹介します。



転職方法

広く一般的に知られているものでは、ハローワーク(公共職業安定所、職安)が挙げられます。

正直なところ「情報収集能力に欠ける(ITに弱い)、おじさんの再就職斡旋所。」と言った印象で、実際に魅力的な求人は皆無です。

それでは、一体どのようにして、価値ある求人を見つけていくと効果的なのでしょうか。



エージェントとは

企業と求職者の間に立って、情報をやり取りしてくれる人材紹介サービスです。

大変ありがたいことに、求職者の利用料は完全に無料です。

何故そのような商売が成り立つのかと言うと、企業と求職者が接点を持った時点(面接等のタイミング)で、企業からエージェントに対し、フィーと呼ばれる幾分かの仲介手数料が発生するためです。

(更に、実際に転職までたどり着くと、求職者の想定年収の30%~35%の相場でフィーが支払われると言われているようです。)

20代の転職でも多少紹介しましたが、書類選考は履歴書や職務経歴書の書き方一つで容易に通過できますので、積極的に活用していきましょう。

もしご興味があるようでしたら、記事へのコメントやツイッターDM等でご連絡をいただければ、個別指導をさせていただきます。

(趣味の一環ですので、費用負担なく個別指導をさせていただきます。)

代表的なエージェント

主に、以下の3社が挙げられます。

リクルートエージェント

パーソルキャリア(DODA)

パソナキャリア

自論ですが、一社だけでなく複数のエージェントサービスを活用する方が、効果的と考えます。

大手企業は複数のエージェントに求人情報を掲載しますが、職種や勤務地によって、求職者が求める情報が大きく異なる場合があります。

(想定年収が異なる、手当・福利厚生・採用人数が詳細に載っている、場合によっては求人そのものがない等。)

面倒に思うかもしれませんが、WEB履歴書や職務経歴書のデータを各社共通で併用できますので、実際にはそれほど労力は掛かりません。

気になる求人(気になるリスト)に登録しておくと、キャリアコンサルタント(アドバイザー)や企業の人事担当者より、応募歓迎(スカウト)が届いたりします。

ただし、最も期待しがちな非公開求人(シークレット求人)は、人手不足で常に求人が出ているようなブラック企業が殆どです。

シークレットと言う付加価値がなければ、求職者の注目を集めることすらできない、残念な企業ばかりが目立ちます。

キャリアコンサルタント(アドバイザー)との相性もありますので、上記のエージェントサービスから、最終的に自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

また、エージェントによっては、直近3ヶ月以内に転職の意思がない場合に、放置されることが多々あります。

おすすめは、長期に亘ってお付き合いのできるキャリアコンサルタント(アドバイザー)を見つけてください。

(今すぐに転職する意思はないが、常に情報収集を進めておき、これだと思ったものに応募していきたいと伝える。)

参考までに、私はパーソルキャリア(DODA)を最も活用しています。

転職に成功した今でも、毎日求人情報を眺めています。

(日頃の現実逃避と、来たる日への情報収集のため。)

エージェントの付き合い方

基本的には、カウンセリングと呼ばれる面談から始まります。

都会であれば、エージェントの社屋で直接面談が前提です。

地方であれば、電話にて間接面談です。

いずれの場合も「何月何日の何時スタート」で、三つ以上の候補日を求められることが多いです。

ちなみに、私は二度すっぽかしたことがあります。

(一度目は業務の都合、二度目は家庭の都合。)

いくら無料で相談できるとは言え、対応いただける相手があってこその転職です。

失礼のないよう時間に余裕を持ち、確実に対応しましょう。

エージェントの注意点

企業側から、求職者の個人情報のサーチができます。

現職バレを防ぐために、企業の検索可能な範囲を確認しましょう。

標準で、現職の企業からサーチが外れるようになっていることが多いですが、関連企業からのサーチは可能です。

思いつく限りで構いませんので、確実にロックして自己防衛に努めましょう。

優良企業の選び方

優良企業は別名:ホワイト企業とも言われ、転職に際し最も気になる点であると考えます。

しかしながら、優良企業の定義は人によって異なり、一概には計りきれません。

(働き方に際し、年収水準や勤務地、趣味との両立等、本人が何を重視するのかが最重要です。)

ですが、

完全週休2日制(土日祝日)かつ年間休日120日以上。

年間有給休暇が20日以上。

福利厚生(通勤手当、住居手当、家族手当、厚生年金基金もしくは確定拠出年金、社会保険、退職金)が全て有。

以上の3条件は鉄板で、外せない条件であると考えます。

(地方在住の場合は、持家であることが多いため、住居手当がなくても十分選択肢に入ります。)

これだけの条件で働ける企業であれば、仮に休日や夜間に出勤した場合でも、代休の取得や賃金割増の制度が確立しています。

おすすめは、売上高1兆円以上の大手企業に絞って、情報提供して貰うと良いでしょう。

これは日本の全企業の中でも上位約150社に絞られ、好待遇での就業が期待されます。

 

以上、転職方法についてご紹介しました。

業種別・職種別のおすすめ企業について、今後もまとめていきたいと思います。

それでは、また。