育児用品の選び方

どうも、しそです。

今回は、育児用品の選び方についてご紹介します。

ネットの活用

各種消耗品や育児用品は、とにかくかさばって重いです。

都会では、電車による移動が当たり前で、両手や背中に持つにしても、限度があります。

(子どもの面倒を見ながらだと、尚更困難。)

地方であっても、運搬を担う自動車を保有することで、無駄な維持費やその都度の運転には、ストレスが溜まります。

(大雨や豪雪の時には、実に不便で泣きたくなります。)

我が家では、基本的にはECサイトのAmazon楽天市場を活用し、その時点での最安品を購入しています。

最安品の見分け方としては、算数レベルの問題で恐縮ですが、

【最小単位(グラム、枚、本、個)/円(税込)】

にて、求められます。

この方法で、商品を見分けていくと、ネットの価格が実店舗よりも安いことが殆どです。

これだけでも、ネットを活用することで、十二分に価格的なメリットの恩恵を受けられます。

更に、自宅の玄関前まで、任意の時間に届けて貰える。

もう我が家では、ネットのない生活は考えられません。

(生鮮食品以外は、全てネットより調達しているため、運送業者からは有名人です。)

実際に、私が購入している商品とその購入方法を、以下の通りご紹介します。

紙おむつ

まず選んでおいて間違いがないのが、言わずと知れたパンパースです。

by カエレバ

 

プロクター・アンド・ギャンブルの誇る、完全無欠の高分子吸収体。

指名買いが多く、ドラッグストア等の特売では、これ以外の二流・三流品が対象となることが多いです。

最もかさばる商品のため、私はAmazonより調達しています。

通常モデルのさらさらケアでも、十分過ぎるほどの性能を誇ります。

極端に肌の弱い子どもには、最高級モデルの肌へのいちばんもおすすめです。

(枚数が減りますので、1枚あたりの単価は上がります。)

おしりふき

後述の通り、Amazonでは常に15%オフで購入できますが、私は楽天市場より調達しています。

元々は、アカチャンホンポ水99%Super 新生児からのおしりふきを愛用していました。

最近になって、一袋100枚入りが90枚入りに改悪されたため、楽天市場より調達できる、レックの水99.9%に切り替えました。

by カエレバ

 

やや薄手にはなりましたが、使用に際し何ら問題のないレベルです。

フタが戻って来ないオーバーストップ機能の搭載も、気に入っている理由の一つです。

粉ミルク

無難ですが、明治のほほえみ、ステップがおすすめです。

by カエレバ

 

by カエレバ

 

家庭用には800g缶、外出用にはらくらくキューブをおすすめします。

(単価は高くなりますが、持ち運びに便利です。)

by カエレバ

 

by カエレバ

 

私は、Amazon・楽天市場・実店舗を比較し、その時点での最安品を購入していました。

(ネットでは、一度に大量購入をすることで、1個あたりの単価がぐっと安くなります。粉ミルクは賞味期限も長く、腐りません。)

大量購入すると非常に重たくなり、持ち運びが不便ですので、実店舗での購入は正直しんどいです。

しかしながら、実店舗では離乳食等のオマケが付く場合がありますので、何かのついでに外出する場合は、要チェックです。

(長男は早々に卒乳しましたが、次男は2歳を迎えてもしばらく飲み続けていたため、思っていたよりもミルク代が嵩みました。)

育児用品の裏技

Amazonプライム会員となれば、送料・お急ぎ便・お届け日時指定便が無料になります。

育児用品に関しては、Amazonファミリー会員となることで、おむつやおしりふきの定期おトク便が、常に15%オフとなります。

(年会費が3,900円掛かりますが、すぐに元が取れます。)

カーナビの選び方②でも多少紹介しましたが、特典としてAmazonプライム・ビデオにて、ある程度のドラマ・アニメ・映画が見放題になります。

それだけではなく、定期おトク便の初回配達分が、稀に10%オフになることがあります。

特に注目したいのが、この定期おトク便。

10%オフとなる条件が初回配達分となっていますが、実は配達完了後に定期おトク便を停止すると、何度でも初回配達扱いで割引が効きます。

(時期によっては、注文確定時に適用されるクーポンが配布され、更に15%オフとなることがあります。)

また、キャンペーンが実施されていない時期でも、3件以上の同時購入でおまとめ割引が適用されます。

通常、定期おトク便は定価の10%オフですが、おまとめ割引の5%オフを加えると、常に15%オフとなります。

(食品類は5%オフですが、件数にはカウントされます。)

この3件は、別々商品の同時購入を想像しがちですが、実は同一商品が3個必要であれば、注文を3件に分けることで容易に達成されます。

(商品によっては、購入数量に制限がある場合があります。)

また、前述の通り、配達完了後の停止が可能ですので、不要な商品が毎月届く心配もありません。

(配達完了後の停止を怠ると、当然ながら定期的に商品が届きますので、注意が必要です。)

配達日の調整に関しても、メニューから月々の配達日の変更が容易に可能です。

注文の都度、配達日を変更することで、到着まで長々と待つ必要もありません。

 

以上、育児用品の選び方についてご紹介しました。

キッチン用品の選び方にて、引き続きまとめていきたいと思います。

それでは、また。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です