ふるさと納税は節税ではない

どうも、ゆかりです。

旦那から、ブログを共同運営する提案を受けました。

今後は気が向いた際に、書いてみることにします。

しそ家の家計管理

毎月の支出→しそ給与

貯蓄→ゆかり給与

固定費&大きな支出(家・車等)→しそ

流動費→ゆかり

と、ざっくりと分担しています。

これが我が家には合っているようで、旦那は独立会計制度と呼んでいます。

ここ2~3年の資産を確認すると、年間200万円ペースで増えています。

(現金預金、財形、確定拠出年金、学資保険を含む。)

けれども持家を購入したため、これを資産ではなく負債と考えると、大きくマイナスです。

(定期的に、メンテナンス費用が掛かり、10年以上も経てば上物の価値はゼロです。)

と言うことで、私はママとしての目線から、家計管理・節約・投資に特化した記事を、今後書いていければ良いなと考えています。

ふるさと納税の考え方

記念すべき第一弾は、皆が大好きなふるさと納税について書きます。

ふるさと納税とは、簡単に言うと自己負担額がたったの2,000円で、地域の特産品(ご馳走!)を始めとした、多種多様なものが貰えるとっても素敵な仕組みのことです。

実際の申請方法や、おすすめの自治体に関しては詳しいサイトがたくさんありますので、私からの詳細説明は割愛します。

(以下のトラコミュを、ご参照ください。)

にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

にほんブログ村テーマ 主婦のつぶやき&節約&家事etc...へ

主婦のつぶやき&節約&家事etc…

にほんブログ村テーマ 節約ライフへ

節約ライフ

にほんブログ村テーマ 貯金、貯蓄、家計、お金に関することへ

貯金、貯蓄、家計、お金に関すること

にほんブログ村テーマ ふるさと納税へ

ふるさと納税

よって、私からはふるさと納税の考え方について、ご紹介します。

ふるさと納税≠節税

テレビを始めとするメディアでは、

「ふるさと納税で節税!お得!!」

と、煽っている状況を非常によく見掛けます。

(先日も、有吉ゼミで特集されていました。よく理解しないままと実行すると、後で痛い目に遭います。)

ふるさと納税は、あくまでも税金(住民税)の前払いです。

前述の通り、自己負担額2,000円を支払っていることを考えると、手出しする収支としてはマイナスです。

しかも、確定申告を忘れたり、名義の記入誤り等があると、受理されません。

ただただ割高な返礼品を、自費で購入しただけとなります。

それでもお得な理由

ふるさと納税がお得な理由は、返礼品にあります。

例えば、ある程度の年収があって、寄付できる上限が6.1万円の場合、

(家族構成にも寄りますが、年収で言うと500万円~600万円程度。)

1万円⇒うなぎ2尾(3,000円相当)

1万円⇒いちご2キロ(3,000円相当)

2万円⇒シャインマスカット2房(6,000円相当)

2万円⇒和牛ステーキ1キロ(6,000円相当)

(0.1万円⇒余り)

このように、自治体ごとに分割して寄付を行い、返礼品を貰います。

総額で、18,000円相当の返礼品が貰え、自己負担額はたったの2,000円。

2,000円でうなぎ・いちご・シャインマスカット・ステーキが買えた!

と考えると、かなりお得に感じますよね。

年収が低い場合

年収が低く、寄付できる上限が2.8万円の場合、

(家族構成にも寄りますが、年収で言うと300万円~420万円程度。)

1万円⇒うなぎ2尾(3,000円相当)

1万円⇒いちご2キロ(3,000円相当)

(0.8万円⇒余り)

総額で、6,000円相当の返礼品が貰え、自己負担額は変わらず2,000円。

4,000円で、うなぎといちごだけ。

(2,000円で国産うなぎは買えませんので、お得と言えばお得です。)

上記のパターンと比べると、お得感が減ります。

(実際には、寄付金額が3,000円や5,000円でも返礼品は貰えますが、1万円以上の方が魅力的なものが多いです。)

このことを考えると、お金持ちであればあるほど、ふるさと納税で得をすることができると言うメソッドになっています。

(個人的には、年収や家族構成に関係なく、自己負担額が一律なのが納得できません…)

納税翌年度の家計管理

納税翌年度の5月または6月の給与明細にて、住民税が下がったことを確認し、真のゴールとなります。

(私の場合は、昨年と比べて住民税が半額以下になりました。)

ここからは、翌々年度のふるさと納税へ向け、キックオフです。

既にふるさと納税を経験している方にお尋ねしますが、初めてふるさと納税をする際に、違和感を感じませんでしたか。

住民税で還付されるとは言え、6.1万円もの大金の手出しがなぜ必要なのかと。

ふるさと納税の寄付上限は、その年の所得を確認することで、正確な金額を判断できます。

(年末調整や、源泉徴収票を参考にしてください。)

特に、子育て世帯では持家を持つことが多く、住宅借入金等特別控除(住宅ローン減税)もあって、正確な金額が把握しづらいです。

分割で支払うことを避けようと思うと、おおよその所得の見込みが立つ12月まで、つい待っていたくなってしまいます。

(冷静に考えれば、毎月コツコツと寄付すれば良い話ですが…)

そこで、私が提案する方法は、毎年5月または6月の時点で、ふるさと納税専用の積立を開始することです。

積立金額としては、前年度金額は前年度分を目安としてください。

仮に6.1万円なら、12ヶ月で割ると、月々で約5,083円です。

毎月の積立が困難の場合は、12月のボーナスで一括支払いする計画でも、良いと思います。

(年末年始に、少し良いものを食べる習慣を作ると、生活が豊かになった感じして、好きです。)

お得なはずの、ふるさと納税。

せっかくの制度ですが、無理をして必要のない寄付をすることで、返って家計が圧迫される恐れがあります。

ふるさと納税は、うまく付き合うことができれば、庶民のお財布にはとても優しい制度です。

面倒でも少しだけ頑張って仕組みを理解し、年末年始を家族で過ごす際の、小さな幸せに繋がれば良いなと思います。

 

次回は、節約目線でのふるさと納税について書きます。

それでは、また。

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です