軽自動車の選び方

どうも、しそです。

今回は、軽自動車の選び方についてご紹介します。

おすすめ軽自動車

お買い得な軽自動車について、以下の条件でおすすめ車種とそのポイントを、価格帯別にご紹介します。

①現行モデルの新車かつ税込200万円未満

②FR車を除く(2WDはFF、車種によっては4WDを推奨。)

③最上級グレード(車種によっては、廉価グレードを推奨。)

100万円未満

スズキ:アルトバン

商用車であるため、モノグレード展開です。

2WD・5MTで税込723,600円、2WD・5AGSで税込804,600円と格安です。

この価格で、キーレス、エアコン、エアバッグを装備しています。

通勤の足として使用する分には、必要十分です。

タイヤサイズは145/80R13 75Sと小さく、スタッドレスタイヤも安いです。

また、自動ブレーキのレーダーブレーキサポートを装着すると、2WD・5AGSで税込826,200円となります。

(性能が低く、サポカーS ベーシック扱いとなるため、あまりおすすめできません。)

5AGSは、運転に際し少々癖のある、マニュアルベースのセミオートマです。

乗用車である、スズキ:アルトのLグレード以上であれば、CVTを搭載しています。

2WD・CVTで税込894,240円、レーダーブレーキサポート装着車でも、税込915,840円と格安です。

オートマのフィーリングを重要視する場合は、こちらを選ぶと良いと思われます。

(中古車扱いとはなりますが、登録済み未使用の新古車在庫が、死ぬほどあります。)

100~149万円

ダイハツ:ミライース

最上級グレードのG”SA Ⅲ”、2WD・CVTで税込1,209,600円です。

主要装備は、14インチアルミホイール、LEDヘッドランプ(オートライト)、オート格納式(キーフリー連動・カラード)ドアミラー。

デジタルメーター、オートエアコン、キーフリーシステム。

そして、スモークドガラス(リヤドア/バックウインドゥ)、SRSサイドエアバッグ、シートヒーター(運転席/助手席)まで付いてきます。

(高級車も顔負けの仕様です。)

また、特別仕様車のG”リミテッド SA Ⅲ”が、2WD・CVTで税込1,225,800円でお買い得です。

(バックカメラ、16cmリヤスピーカー、GPSアンテナが付いてこの価格。)

自動ブレーキのスマートアシストⅢは、価格の割には性能が良い方なので、おすすめです。

(サポカーS ワイド扱いです。)

車両重量も670kgと軽く、燃料消費率34.2km/Lと、ガソリン車では最強クラスの低燃費です。

動力性能の不足も、その驚異的な軽さでカバーされます。

一点気になるのは、方向指示器の操作が多少独特であるため、購入前の試乗をおすすめします。

その点を差し引いても、価格と性能のバランスが絶妙に良いため、軽自動車では最もおすすめできます。

(私自身も次回の車両入替時に、購入を検討中。)

150~199万円

スズキ:ジムニー

最近、フルモデルチェンジしたばかりです。

最上級グレードのXC、4WD・5MTで税込1,744,200円、4WD・4ATで税込1,841,400円です。

燃料消費率は13.2km/L~16.2km/Lと全く期待できませんが、荒れ地や雪道での走行性能は抜群です。

(デザインも、すごく格好良い!)

車両重量が1,030kg~1,040kgもあるため鈍亀ですが、人気車種のため長期間保有した後でも、残価が付きます。

自動ブレーキのスズキ セーフティ サポートは、サポカーS ワイド扱いとなるため、おすすめです。

タイヤサイズは175/80R16 91Sと、軽自動車にしては大きいです。

そのため、スタッドレスタイヤやホイールが高価となるため、維持費に注意が必要です。

ホンダ:N-BOX Custom

最上級グレードのG・EXターボ Honda SENSING、2WD・CVTで税込1,949,400円です。

普通車顔負けの装備で、内装も軽自動車にしては豪華です。

こちらのグレードは、リア右側のパワースライドドアが標準装備となるため、お買い得です。

(子育てに際し、パワースライドドアは必須です。)

標準モデルのN-BOXと比較すると、シートの素材が良いため、長時間座っていても疲れにくいです。

自動ブレーキのHonda SENSINGは、普通車にも搭載されている、比較的性能の良いものです。

(当然、サポカーS ワイド扱いです。)

また、サイドエアバッグとサイドカーテンエアバッグも標準装備されており、軽自動車にしては安全性が高い方です。

4人以下での使用が主な家族であれば、1台目のメインカーとしても大いに活躍できます。

 

以上、軽自動車の選び方についてご紹介しました。

コンパクトカーの選び方①について、引き続きまとめていきたいと思います。

それでは、また。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です