出産する際に貰えるお金をまとめてみました

LINEで送る
Pocket

どうも、ゆかりです。

正社員で働きながら出産し、産休育休を取得。

そして、時短勤務で復帰するワーママが、大変多くなって来ています。

例に漏れず、私もその一人です。

今回は、このような働き方に特化した記事を、書きます。

まずは、公的制度や貰えるお金などの一覧について、まとめてみたいと思います。

(時折、私の体験談も混ぜて行きます^^)

少しばかりの間、お付き合い願います。



妊娠中に貰えるお金

【妊婦検診費用(14回分)】

これは、母子手帳の発行時に貰えます。

全国どこの自治体でも共通で、14回分です。

その他にも、自治体によっては足りない分の補てん。

初期の検査に伴う費用等々、申請するだけでお金が戻って来る制度も多々ありますので、母子手帳の発行時にぜひ聞いてみて下さい。

【妊産婦医療費助成制度】

これも、自治体によって助成内容が多少異なります。

つわり等の妊娠中の症状で、処方して貰った薬や点滴代等が含まれます。

名称も「妊産婦医療費の給付」等、自治体によって異なるため、最寄りの役所に行って聞いてみて下さい。

ちなみに私は、つわりで1ヶ月間もの長期に亘って、2日に1回は点滴をして貰いましたが、この制度のお蔭で1万円も戻って来ました!

余談ですが、歯科の治療費が助成される場合があります。

(出産後は女性ホルモンのバランスが変わって、虫歯になりやすいと聞いたことがあります。)

出産前の余裕のある内に、口内のケアをしておくと良いですよ。

【高額医療制度は妊婦も適用】

経過が良くなく、体調不良が続いた場合には、入院する場合も生じます。

その場合は、高額医療制度を活用できますので、忘れずに確定申告しましょう。

また、限度額適用認定証を病院の窓口に提出すれば、手出しで支払う金額も抑えられます。

入院が長引きそうなら、勤務先もしくは健康保険の窓口に、問い合わせしてみましょう。

【つわり等で働けなくなっても傷病手当金が貰える】

大きな病気をして、入院した場合に傷病手当金が貰えると言うことは、既にご存知の方も多いかと思います。

実はこの制度、妊娠中に入院した場合や、自宅にて安静の場合でも貰えます。

金額としてはだいたい月給の2/3が目安で、申請後に貰えます。

私も3ヶ月程度、自宅にて安静となり、出社できない日々が続きました。

この間の給料は出ませんが、傷病手当金として、問題なく受け取れました。

更に、申請に関する裏ワザがあります。

(妊娠中以外の場合も同じなので、覚えておくと役に立ちます。)

傷病手当金は、休み始めてから1週間後の適応となり、それ以降に休んだ期間に応じて計算されます。

よって、休み始めの1週間は有給休暇を取得すると、更にお得です。



出産時に貰えるお金

【出産一時金】

何と、42万円も貰えます。

最近では、出産費用の手出しはなく、健康保険から病院へ直接支払いする場合が多いです。

(退院時の支払いは、任意サービスの差額だけでOK。)

私の勤務先でも、この方式が適応されていたため、病院に支払う金額は5万円程度で済みました。

(一時的ではあるものの、42万もの大金を用意しなくて済みますので、大変助かります。)

この制度があるかどうかは、勤務先の人事部門や総務部門まで、ご確認願います。

【育児休業給付金】

これは、雇用保険から貰えるお金です。

(出産手当金と言う、名称になっている場合もあります。)

産休と育休で貰える額が異なるため、注意が必要です。

簡単に説明しますと、

産休中⇒働いていた時の、月給の2/3。

育休中⇒働いていた時の、月給の1/2。

それぞれ、2ヶ月に1回のペースでまとめて貰えます。

期間としては、以前までは1歳未満に限られていました。

2017年10月に育児・介護休業法が改正され、現在では申請すれば2歳まで貰えます。

(ただし、保育園に空きがなかった等の理由の証明が必要。)

【出産お祝い金】

出産お祝い金は、自治体、勤務先、各種保険から貰える場合があります。

自分の身の回りを忘れずに確認し、必ず申告しましょう。

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

以上、出産する際に貰えるお金をまとめてみました。

一部の申請については、勤務先が代行してくれますが、基本的には全て自己申告です。

(その内に、出産後の手続き・公的制度についても、まとめていきたいと思います。)

働いている妊婦さん(ワーママにも!)に教えたいお金に関する裏ワザ その1については、また次回。

それでは、また。