ワゴンの選び方①

LINEで送る
Pocket

どうも、しそです。

今回は、ワゴンの選び方①についてご紹介します。

(ミニバンの選び方②の続編です。)



おすすめワゴン

お買い得なワゴンについて、おすすめ車種とそのポイントを、価格帯別にご紹介します。

①現行モデルの新車かつ税込400万円未満

②FR車を除く(2WDはFF、車種によっては4WDを推奨。)

③最上級グレード(車種によっては、廉価グレードを推奨。)



149~199万円

トヨタ:プロボックス

トヨタ:サクシード

名称と販売店が異なりますが、いずれも兄弟車です。

ガソリンモデルでは最上級グレードのF(TX)、2WD・CVTで税込1,695,600円です。

ハイブリッドモデルでは最上級グレードのF(TX)、2WD・CVTで税込1,965,600円です。

諸般の事情により、公道最速と呼ばれています。

(あまり高速道路に乗らないこともあって、実際に見掛けたことはありません。)

また、燃料消費率が19.6km/L~27.8km/Lと、商用車にしては比較的高水準です。

ぶっちゃけた話、商用車として開発されているだけあって、後述のトヨタ:カローラ フィールダーよりも丈夫です。

(長期間保有する場合、年間走行距離が多い場合、重たい荷物を積むことが多い場合に、最良の選択肢。)

二人乗車までがメインで、後席は殆ど荷物置き場として活躍させるのであれば、これ以上ない相棒となります。

(高さや奥行きが必要な場合は、トヨタ:ハイエース バンまたは日産:NV350 キャラバン。)

個人的には、スチールホイールの樹脂フルキャップがない方が好みです。

(テッチン剥き出しこそ、機能美。)

200~249万円

トヨタ:カローラ フィールダー

ガソリンモデルでは最上級グレードの1.5G“W×B”、2WD・CVTで税込2,170,800円です。

ガソリン車のワゴンの中では、比較的購入しやすい価格帯です。

ハイブリッド仕様もありますが、価格差を考えるとガソリンモデルの方がおすすめです。

また、燃料消費率が23.0km/Lと、ガソリンモデルにしては比較的高水準です。

元々、W×Bは特別仕様車の設定でしたが、あまりにも人気があるためカタログモデルへと昇格を果たしました。

(親族が乗っていますが、内装やシートの作りもしっかりしています。これを買っておけば間違いがなく、とても安心感があります。)

1.8Lモデルとなる、1.8G“W×B”もありますが、2WD・CVTで税込2,341,440円です。

あまり排気量の差を感じず、自動車税の差を考えるとおすすめできません。

(1.5Lまで年間34,500円。2.0Lまで年間39,500円。)

 

以上、ワゴンの選び方①についてご紹介しました。

ワゴンの選び方②にて、引き続きまとめていきたいと思います。

それでは、また。