セダンの選び方①

どうも、しそです。

今回は、セダンの選び方①についてご紹介します。

(ワゴンの選び方②の続編です。)

おすすめセダン

お買い得なセダンについて、おすすめ車種とそのポイントを、価格帯別にご紹介します。

①現行モデルの新車かつ税込400万円未満

②FR車を除く(2WDはFF、車種によっては4WDを推奨。)

③最上級グレード(車種によっては、廉価グレードを推奨。)

149~199万円

おすすめ車種は、ありません。

次項の200~249万円の価格帯が、実質的なスタートラインとなります。

200~249万円

トヨタ:カローラ アクシオ

ガソリンモデルでは最上級グレードの1.5G“W×B”、2WD・CVTで税込2,077,920円です。

ハイブリッドモデルでは最上級グレードのHYBRID G“W×B”、2WD・CVTで税込2,482,920円です。

ワゴンの選び方①及びワゴンの選び方②でも多少紹介しました、カローラ フィールダーと兄弟車です。

セダン不人気の、昨今。

小型セダンの括りの中では、どちらのモデルを選んでも間違いなしの、傑作です。

装備は全く同じにも関わらず、ボディの形状の違いだけで税込54,000円~税込92,880円も安いです。

ボディの形状に拘りがない場合、荷物をあまり載せない場合、空力を意識する場合には特におすすめです。

また、燃料消費率が23.4km/L~34.4km/Lと、驚異的な水準です。

燃料消費率と運転した際の感触を比べ、お好みのモデルを選択しましょう。

250~299万円

トヨタ:プリウス

量販グレードである特別仕様車のS“Safety Plus”、2WD・CVTで税込2,607,120円です。

量販グレードである特別仕様車のS“Safety Plus・Two Tone”、2WD・CVTで税込2,733,480円です。

ベタですが、セダンでは最も売れています。

内外装のデザインに若干の差がありますが、価格差を考えると前者がおすすめです。

燃料消費率が37.2km/Lと、現行車種では最高レベルの水準です。

なお、2018年12月17日にデザイン変更を伴う大型マイナーチェンジの予定がありますので、慌てて購入せずに様子見した方が無難です。

プリウスPHV風のデザインに、変わると言われています。

(マイナーチェンジ後も、特別仕様車の設定があると良いのですが、こればかりはトヨタ次第。)

 

以上、セダンの選び方①についてご紹介しました。

セダンの選び方②にて、引き続きまとめていきたいと思います。

それでは、また。

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。