SUVの選び方②

どうも、しそです。

今回は、SUVの選び方②についてご紹介します。

(SUVの選び方①の続編です。)



おすすめSUV

お買い得なSUVについて、おすすめ車種とそのポイントを、価格帯別にご紹介します。

①現行モデルの新車かつ税込400万円未満

②FR車を除く(2WDはFF、車種によっては4WDを推奨。)

③最上級グレード(車種によっては、廉価グレードを推奨。)



200~249万円

スズキ:クロスビー

最上級グレードのHYBRID MZ、4WD・6ATで税込2,145,960円です。

2トーンルーフ仕様車/3トーンコーディネート仕様車の場合は、税込2,189,160円です。

なお、居住地が降雪地域でない場合は、FF車の選択もアリです。

その場合は、最上級グレードのHYBRID MZ、2WD・6ATで税込2,003,400円です。

2トーンルーフ仕様車/3トーンコーディネート仕様車の場合は、税込2,145,960円です。

友人が乗っていますが、この車体サイズにしては後席の天井や足元が広く、荷室も十分な深さがあります。

(コンパクトカーの選び方①でも多少紹介しましたが、驚異的な広さを誇る、ソリオバンディットと同じシャーシを使用しています。)

安全装備はてんこ盛りで、生活四駆の中ではトップレベルの4WD性能。

車両重量も1,000kg未満で、自動車重量税と燃料消費率の低減に貢献。

燃料消費率は、20.6km/L~22.0km/Lかつレギュラー仕様と、直列3気筒直噴ターボとしては必要十分。

上記の条件とハイブリッドシステムが相まって、低速時からのトルクが太く、ストップ&ゴーが多い街中でも大活躍です。

外観もスズキ:ハスラーよろしく、無骨で可愛らしい印象。

全長が短いため取り回しも良く、非常におすすめです。

ホンダ:ヴェゼル

ガソリンモデルでは量販グレードのX・Honda SENSING、4WD・CVTで税込2,381,000円です。

なお、居住地が降雪地域でない場合は、FF車の選択もアリです。

その場合は、ガソリンモデルでは量販グレードのX・Honda SENSING、2WD・CVTで税込2,165,000円です。

(大昔から、ホンダの4WDは信用にならないことが常識。全車標準装備でVSAが付いているため、真面目に後者で十分かも。)

“2014 Subaru Forester Vs Honda CRV, Ford Escape, Mazda CX-5, and Toyota RAV4

“Honda CR-V 2014 4WD failure

とにかく、コスパが最高です。

昨今、鳴かず飛ばずのホンダ車において、非常によく売れています。

(犬も歩けば、ヴェゼルに当たります。)

燃料消費率も19.6km/L~21.2km/Lと良好です。

また、ガソリンモデルでは最上級グレードのRS・Honda SENSING、2WD・CVTで税込2,475,000円です。

4WDの設定がなく、タイヤが18インチホイールとなり、維持費が馬鹿高くなります。

シート表皮がコンビシートとなって非常に魅力的ですが、展示車や試乗車を確認し、比較検討することをおすすめします。

なお、ハイブリッドモデルも併売されていますが、車格の割には価格が割高な印象です。

よって、他の車種の購入をおすすめします。

日産:エクストレイル

乗車定員が5人または7人、駆動方式が2WDまたは4WD、ハイブリッドの有無で価格が大きく変わります。

よって、価格帯が税込2,197,800円~税込3,844,800円と広いことから、グレードと燃料消費率の紹介を省略します。

用途に応じて、どれを選んでもハズレはないです。

(バカ売れしていた、2代目のカクカクしたデザインも好きです。クリーンディーゼル車の購入を、本気で検討した経験あり。)

何かと世間を騒がせていますが、その内に落ち着くでしょう。

コンパクトカーの選び方②でも多少紹介しましたが、日産:ノートと併せて、おすすめできる数少ない車種です。

(日産車の国内新型車、少な過ぎ。ルノーとの提携関係を見直し、今後の動向に期待。)

トヨタ:C-HR

ガソリンモデルでは量販グレードのS-T“LED Package”、4WD・CVTで税込2,540,400円です。

なお、居住地が降雪地域でない場合は、FF車の選択もアリです。

その場合は、ガソリンモデルでは量販グレードのS-T“LED Package”、2WD・CVTで税込2,346,000円です。

燃料消費率は、15.4km/L~16.4km/Lとまずまずです。

前述のヴェゼルと、思いっ切り競合します。

ディーラー同士で値引き合戦を行い、最安値で獲得できる方を選択すると良いです。

 

以上、SUVの選び方②についてご紹介しました。

SUVの選び方③にて、引き続きまとめていきたいと思います。

それでは、また。