SUVの選び方③

どうも、しそです。

今回は、SUVの選び方③についてご紹介します。

(SUVの選び方②の続編です。)



おすすめSUV

お買い得なSUVについて、おすすめ車種とそのポイントを、価格帯別にご紹介します。

①現行モデルの新車かつ税込400万円未満

②FR車を除く(2WDはFF、車種によっては4WDを推奨。)

③最上級グレード(車種によっては、廉価グレードを推奨。)



250~299万円

トヨタ:C-HR

ガソリンモデルでは最上級グレードのG-T、4WD・CVTで税込2,799,600円です。

なお、居住地が降雪地域でない場合は、FF車の選択もアリです。

その場合は、ガソリンモデルでは量販グレードのG-T、2WD・CVTで税込2,605,200円です。

ハイブリッドモデルでは最上級グレードのG、2WD・CVTで税込2,929,200円です。

ハイブリッドモデルの燃料消費率は30.2km/Lと、抜群です。

(セダンの選び方①でも多少紹介しましたが、トヨタ:プリウスのファニーなデザインを忌避し、C-HRに流れる方が多いようです。)

よって完成度は非常に高いですが、この価格帯になって来ると、後述のハリアーを選んだ方が無難かも知れません。

(本体価格の値引きや車格まで考慮すると、割高の印象。)

なお、“Mode-Nero”及び“Mode-Bruno”と呼ばれる、特別仕様車の設定があります。

内外装の仕様が合致すれば、お買い得と言えますので、比較検討をおすすめします。

300~349万円

トヨタ:ハリアー

ガソリンモデルでは下位グレードのELEGANCE、2WD・CVTで税込2,949,480円です。

ハリアーについては、2WDがおすすめです。

(4WDは、リセールバリューが極端に悪いです。なんちゃって4WDの宿命。)

燃料消費率は、1,580kgと言う車両重量を考えると、16.0km/Lと悪くない水準。

下位グレードとは言っても、装備は必要十分です。

ガソリンモデルでは量販グレードのPREMIUM、2WD・CVTで税込3,249,720円と比べても、遜色なしです。

強いて言うならば、ハイビームがハロゲンとなりますので、これをどう捉えるか。

平素の運転は、当然ながらLEDの方が見やすいです。

しかしながら、冬季の運転において。

着雪による視界不良を考えると、発熱による融解が期待できる分、ハロゲンが有利です。

PREMIUM以上は、”Metal and Leather Package”及び”Metal and Leather Package・Style BLUEISH”と呼ばれる、特別仕様車の設定があります。

内外装と予算を照らし合わせて、お好みで選択ください。

なお、ターボ車は、理解ができないハイオク仕様。

ハイブリッド車は、そもそもの本体価格が高過ぎるため、紹介を割愛します。

 

以上、SUVの選び方③についてご紹介しました。

SUVの選び方④にて、引き続きまとめていきたいと思います。

それでは、また。