SUVの選び方④

どうも、しそです。

今回は、SUVの選び方④についてご紹介します。

(SUVの選び方③の続編です。)



おすすめSUV

お買い得なSUVについて、おすすめ車種とそのポイントを、価格帯別にご紹介します。

①現行モデルの新車かつ税込400万円未満

②FR車を除く(2WDはFF、車種によっては4WDを推奨。)

③最上級グレード(車種によっては、廉価グレードを推奨。)



349~399万円

マツダ:CX-8

個人的には、この車格で2WDはないと考えますので、紹介を割愛します。

量販グレードのXD PROACTIVE、4WD・6ATで税込3,925,800円です。

マツダは、ミニバンの製造を撤退してしまいました。

他社と比べて数が出ず、集中と選択を行うほかなかったためです。

その代わりに登場したのが、このCX-8。

スライドドアではありませんが、2列目がキャプテンシート仕様である、唯一無二の多人数乗車が可能なSUVです。

(6人乗りと7人乗りを選べますが、前者がおすすめです。)

都会で運転するには車体サイズが大き過ぎますが、道路の広い地方では全く問題なしです。

燃料消費率は15.4km/Lと、車両重量1,880kgもあることを考えると、驚異的な性能です。

ディーゼルエンジンのため、燃料が軽油となることで、コストパフォーマンスが非常に高いです。

動力性能も申し分なく、ストップ&ゴーの多い街中において、低速域からトルクフルであることから、街乗りでも優秀です。

また、マツダ:CX-5も紹介しようかと考えましたが、シートヒーターと手動シートの両立が不可能なため、あえて除外しました。

(電動シート車に乗っていましたが、感動したのは最初だけで、その内に煩わしくなりました。)

トヨタ:ランドクルーザープラド

下位グレードのTX(5人乗り)、4WD・6ATで税込3,538,080円です。

7人乗りは、4WD・6ATで税込3,692,520円です。

初期型と比較すると、4ATから6ATへの仕様向上&Toyota Safety Senseの標準搭載。

中期型と比較すると、LEDランプの標準搭載。

最低価格が上昇した理由も、このことを考えると納得できます。

燃料消費率は、9.0km/Lと最悪。

スペックだけを考えると、間違いなくディーゼルエンジン車に分があります。

しかしながら、その驚異的なリセールバリューを考えた際には、ガソリンエンジン車も悪くはありません。

(本音では、ハイラックスサーフを廃止して欲しくなかった。)

性能がどうと言うよりも、ファッションで乗る車です。

本気の四駆性能が必要な環境でしたら、トヨタ:ランドクルーザースズキ:ジムニーの二択でしょう。

トヨタ:ハイラックス

最上級グレードのZ、4WD・6ATで税込3,742,200円です。

特別仕様車のZ“Black Rally Edition”、4WD・6ATで税込3,947,400円です。

今までのSUVとは、毛色が違います。

ガチのピックアップトラックです。

安全装備は、旧式の自動ブレーキ。

荷台はそれ程広くなく、極端に狭い後席。

(帯に短し、襷に長し。何なら、荷物で傷付けたくもない。)

全長は5,335mmもあり、最小回転半径も4tトラック並の6.4m。

燃料消費率は、11.8km/Lと今一つ。

ディーゼルエンジンのため軽油ではあるものの、燃料タンクは80Lもあってとにかく馬鹿食い。

その全てのデメリットを享受しても、有り余るほどの圧倒的な存在感。

とにかく、ロマンの一言。

ランドクルーザプラド以上に、ファッション命の方へおすすめです。

 

以上、SUVの選び方④についてご紹介しました。

軽トラックの選び方にて、引き続きまとめていきたいと思います。

それでは、また。