【家計簿公開】20代共働き夫婦子どもあり

LINEで送る
Pocket

どうも、ゆかりです。

今回は、我が家の家計簿を公開したいと思います。

我が家は、長男が産まれた5年ほど前は固定費が多く、毎月の貯金は0円。

お互いが稼いだ給料を、何に使っているのさえ不透明でした。

(ボーナスだけでどうにか貯金していると言う、典型的なダメダメ家計。)

子どもを授かったことを機に、冷静に家計を見直した結果、現在では毎月90,000円の貯金。

(学資保険・財形・現金貯金の合計。同年代と比較すると、圧倒的に貯まっている。)

そんな我が家の家計簿が、誰かのお役に立てれば幸いです。



家族構成

【世帯年収公開】20代共働き子ども2人の4人家族でも多少紹介しましたが、

しそ:アラサー

ゆかり:アラサー

長男:年長

次男:2歳

職場は違いますが、夫婦とも地方在住の工業高校卒、メーカー勤務、4人家族です。

20代共働きの月給(手取り)

しそ:230,000円

ゆかり:140,000円

合計:370,000円

お互いに残業は殆どなく、毎月の手取りには変動がありません。

(サービス残業はなく、有休休暇は取り放題。超ホワイト企業!)



毎月の支出

しそ

住宅ローン:70,000円

学資保険:50,000円

食費:40,000円

日用品:10,000円

ガソリン代:30,000円

光熱費:15,000円

通信費:5,000円

外食費:10,000円

レジャー費:10,000円

合計:240,000円

(たまに若干の赤字、不足分はゆかりの口座より補てんします。)

住宅ローンは、半期ごとの賞与で200,000円(年間400,000円)を上積みしています。

ゆかり

保育料:33,000円

雑費(子ども関係):10,000円

学資:10,000円

習い事:7,000円

医療費:10,000円

被服費:10,000円

レジャー費:10,000円

財形:10,000円

現金貯金:30,000円

合計:130,000円

今後は更に、セゾン投信に毎月30,000円のつみたてNISA。

(長男の小学校進学に伴い、保育料が浮いた分を原資に投資。)

年間で予算を決める

ついつい油断しがちな、被服費やレジャー費。

予算オーバーとならないよう、予め年間計画を立てています。

被服費は、一人あたり年間40,000円。

ただし、カバンや財布等、長く使えるものは例外です。

結果、何故かしそは30,000円、ゆかりは50,000円程に。

(ありがとうしそ君!!)

レジャー費は、年間100,000円。

【貯金公開】20代共働き子ども2人の4人家族でも多少紹介しました、毎年:小旅行2回(予算50,000円)のことです。

去る2018年についても、何とか予算内に収めることができました。

(本当はまだ服が欲しい…けれど次のバーゲンまで我慢。)

その他にも、

旅行費

自動車保険

車検

特別費(冠婚葬祭費)

等の予算も組んでいます。

これらは別途、会計を分けていて、年度末を締め切りにしています。

(その理由については、またの機会に。)

家計簿に対する考え方

このように書き出してみましたが、毎月の支出は想定とは異なります。

あくまでも、これらの予算立ては、上限。

大きくハズレなければ、それでOK!

毎月の余分は、お互いに欲しいものを買ったり、交際費(飲み会・ランチ)に使います。

(夫婦とも衝動買いは殆どないため、このやり方が肌に合います。)

他にも、30年先を見据えたライフプランを計画しています。

世の中の常識は、日々変化し続けています。

常に変化に対応し、ベターな選択に必要な、最低限の貯蓄はこれくらい。

このように、楽観的な考え方が自然と身に付くため、非常におすすめです。

 

以上、我が家の家計簿事情でした。

次回は、【家計簿公開】固定費削減で年間62万円も得しました!です。

またね。