電力会社を辞めた理由㊺

LINEで送る
Pocket

どうも、しそです。

今回は、電力会社を辞めた理由㊺についてご紹介します。

(電力会社を辞めた理由㊹の続編です。)



個性豊かな面々

電力会社には、多種多様な人種がいます。

電力社員の攻略法①でも多少紹介した通り、学歴別に高卒が7割、高専卒が1割、大卒が2割と言われています。

学歴別に、その一部である社員の様相について、ご紹介致します。



裏スジさん

裏スジさんは、工程担当と言う特殊な環境に配属された頃から、お世話になった高卒の先輩。

(語源は彼が大好きだった麻雀で、他意はない。新入社員の頃から知っていたが、直接の縁は少なかった。)

休職明けの最も多感な頃に、別け隔てなく接してくれた優しいおじさん。

趣味は、末端の電力社員の例に漏れず、パチンコ・パチスロ。

勝負師であるBOØWYさんとは違って、専ら趣味がてらの1パチ・5スロ。

(電力会社を辞めた理由④を参照のこと。重度のヘビースモーカーで、蓋付ブラックコーヒーの空き缶が手放せない。)

とにかく気が優しく、後輩からは舐めた態度を取られることも多々ある、お人好し。

(ちなみに、恐妻家。どこの家庭も一緒。)

たまに出る、配電マンらしい先輩風吹かしが、玉に瑕。

(ずっと設計畑で、体育会系の雰囲気は微塵もない。)

他の社員と比べると、高圧受電設備に関する心得はあるが、残念ながら電験三種は持ち合わせていない。

(30歳以上の電験三種保有については、何故か口うるさく言われないシステム。会社からは半ば諦められた存在であるため、運良く合格しても、若年者ほどは評価されない。)

現場での人望はそこそこあり、中堅以下の評価は上々。

一方、副課長以上からは不当に扱き使われ、体の良い奴隷と化している。

(長いものには巻かれろ。寄らば大樹の陰。完全に、お人好しを利用されている。)

例えば、高圧送電と呼ばれる、自家用電気工作物の受給開始直前立会い業務。

(電力会社を辞めた理由㉜を参照のこと。)

普段は技術サービス担当が出向くが、運悪く低圧変流器付計器(CT)の検査や、低圧太陽光発電の系統連系等が重なると、手配する側の工程担当にて自前で処理することがある。

工程担当に配属され、半年も経たないある日のこと。

あろうことか件の裏スジさんは、脹脛下に大火傷。

原因は、自宅の蓄暖前にてうたた寝し、寝返りして接触。

(電力社員はおろか、一社会人としても失格。危険感受性に乏しく、どんくさいったらありゃしない。)

何とか足を引きずってまで会社へ出向くが、当然電柱への昇柱はままならない状態。

ここで、選手の交代をお知らせします。

裏スジさんに代わりまして、代打:しそ。

他ならぬ、病み上がりの私。

電力会社の年収②でも多少紹介した通り、その当時、時間外は当然の如くドクターストップ。

トラウマの発端となったあらゆる現場作業についても、産業医からは極力避けるように申し付けられていた。

(狭い地下式立体駐車場の中で、馬鹿でかいBMWを乗り回す暴れん坊将軍。一説によると部長待遇で、年収は1,200万円。お医者さんにしては、安いね。)

結果としては、たかだか柱長数[m]の先方柱に昇るだけの作業。

現場で取り扱う工具も、軽量な絶縁トルクドライバ程度。

相対するのも、窓口で見慣れた電気保安協会の担当者や、個人の電気管理技術者。

(中には一癖も二癖もある人もいるが、全体から見ればごく少数。)

徐々に現場慣れし、感覚を取り戻していくには、丁度良い機会となった。

そんなどんくさい裏スジさんだが、出世レースからは完全に脱落。

同期のBOØWYさんがブービーで、彼はまごうことなきビリケツ。

私が知りうる限り、業績評価に直接影響するような、労働災害・交通事故・ヒューマンエラー停電は一度も起こしたことがないはず。

(電力会社を辞めた理由⑤を参照のこと。)

電力会社を辞めた理由①でも多少紹介した通り、目立ち過ぎては出る杭を打たれる。

反面、唯々言われたことだけをこなしていると、全く目立つことがなく、薄い影。

如何にトラブルなく仕事を熟せようとも、自らの積極的なアピールがなければ、現場が回っていても成果としてはゼロ。

本人に出世意欲がないから、結果としてそうなっているのだろうが、他の豪傑たちが上司となると、途端に回らなくなる現場。

(プレイヤーとしては優秀でも、マネージャーとしてはてんでダメな社員が多い。ゴマすりばかり上手くても、人としてはあかんのよ。)

退職した今となって冷静に考えると、温厚・温和な上司がラインの副課長として仕切っている担当が、よく回っていた印象。

よって、裏スジさんのようなタイプの人間が、本来は出世して然るべき存在。

(退職に伴い、また飲みに誘うからと言われ、早3年が経過。付き合いの長さから、社交辞令とは到底思えなかったが、果たして…)

“やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ”

故・山本五十六の格言の通りである。

あれこれ構わず、現場は現場に任せるやり方が、最適解。

自己への責任がどうだと、部下を萎縮させるような現場。

成長機会を奪うような現場では、後進が育つことはまずない。

(元より、このような小さき器の社員が、部長以上の要職となった姿を、一度たりとも見たことはない。)

これらの経験を踏まえ、メーカー社員となった今は【最小努力の最大効果】を、己が働き方の骨子としている。

普段から斜に構えていても、やる時はやる。

朝三暮四はやめ、自分の発言に責任を持つ。

知らないことは知らないと、素直に負けを認める。

結果、70点主義のいい加減な仕事でも、現職の評価はそれなりに上々。

(鬱病との付き合い方③を参照のこと。)

基本はイエスマンでも、明らかにおかしな時は確実に勝利するよう外堀を埋め、理論立ててから徹底的に噛み付く。

適切なストレスコントロール力を身に付け、これからもハッピーライフ。

アラサーの挑戦は、続く。

 

以上、電力会社を辞めた理由㊺についてご紹介しました。

電力会社を辞めた理由㊻にて、引き続きまとめていきたいと思います。

それでは、また。