電力会社を辞めた理由(52)

LINEで送る
Pocket

どうも、しそです。

今回は、電力会社を辞めた理由(52)についてご紹介します。

(電力会社を辞めた理由(51)の続編です。)





取れない休暇

電力会社では、配属される部門に関わらず、皆平等に年間26日の有給休暇が貰えます。

(電力会社を辞めた理由②メーカーの年収②を参照のこと。年間休日は126日と一見多く見えるが、完全週休二日制は嘘。実働時間も、不条理に長い。)

名目別に分類すると、有給休暇が年間20日。

(勤続1年未満は、年間15日。当然ながら、新入社員が休める現場の雰囲気は、毛頭ない。)

ゆとり休暇が、年間5日。

(平成に入ってから、成立した休暇。ゆとり教育しかり、内外とも良い印象を持たれない単語。)

創立記念休暇が、年間1日。

(電力社員の攻略法①電力会社を辞めた理由㉕を参照のこと。元来、5月1日に一斉休暇が与えられていたが、業務効率化ため分散取得。最早、何が目的の休暇か分からず。)

その他、特別休暇(結婚・忌服・本人出産・配偶者出産等)や、勤続年数に応じてリフレッシュ休暇が数日与えられる。

(何日貰えるかは、失念。独身者や若年者には、全く関係のない話。)

余った有給休暇については、年間40日までは翌年度に繰越・保留。

40日を超える分については、積立休暇と言う名称で更に40日分までは棚上げされるが、病気・ケガ以外での使用は不可能。

詰まるところ、実質的に消滅と同義。

(計画的に有給休暇を取得して来なかったツケ。ちなみに私は、消滅した経験がただの一度もなく完全消化。)

また、基本的に電力会社の営業日(勤務日)は、暦通り。

(多くのメーカーでは独自の会社カレンダーを持ち、工場の稼働停止に合わせ、10日前後の連休を用意する企業が大多数。)

よって、ゴールデンウィーク・お盆・シルバーウィーク・年末年始と言った長期休暇は、存在しない。

(常勤の配電系社員ですら、連休中に宿直・土勤・日直が必ず割り込む。交替勤の発電所・制御所は、御愁傷様。)

よって、お盆にゆとり休暇を2~3日取得し、残りを8月以外に適当に割り振ることが多い。

(有給休暇の取得日数に義務はないが、ゆとり休暇は労働組合の指導によって消化が必須。)

外部からは、発電→送配電→小売と言った、チーム一丸での連携を重視しているように見える電力会社。

その実態としては、どう考えても個人プレーの塊。

(電力会社を辞めた理由⑲を参照のこと。採用面接ではしきりに、集団での団結について聞かれるが、現場はただの馴れ合い。)

完全に個人の技量・やり方に頼り切った仕事の進め方で、適切な業務分担は一切できない。

(労使ともに、業界全体が日常的に業務効率化を行って来なかった、身から出た錆。)

いい加減な副課長に至っては、各個人がどのような仕事を持っているか全く理解しておらず、休暇中のトラブル対応時に遅れをとることが多い。

(番頭と呼ばれる、係長一歩手前の中堅社員に丸投げ。働かざる者食うべからず。管理職の存在意義とは。)

仕事の段取りが優秀な者も、自分の休暇中に他の不届き者たちが何一つ協力しないため、積極的な休暇取得には慎重派。

(単に、仕事が生きがいの奴もいる。人の仕事を手伝わないやつに限って、職場での声は大きく面倒。他所へ仕事を押し付ける割に、感謝もしない。)

仕事の目的とは、生きるための手段の一つ。

働くために生きる、甚だしい勘違いをした電力社員。

寝首を掻かれる前に、アンパンマンからお浚いが必要。

 

以上、電力会社を辞めた理由(52)についてご紹介しました。

電力会社を辞めた理由(53)にて、引き続きまとめていきたいと思います。

それでは、また。