軽トラックの選び方

どうも、しそです。

今回は、軽トラックの選び方についてご紹介します。

(SUVの選び方④の続編です。)

おすすめ軽トラック

お買い得な軽トラックについて、おすすめ車種とそのポイントを、価格帯別にご紹介します。

①現行モデルの新車かつ税込150万円未満

②4WDを推奨(アクティ・トラックのみFF、キャリイとハイゼットトラックはFR)

キーレスエントリー搭載グレード(スマートエントリー搭載の軽トラックはない)

ちなみに、OEMを除くと現行の軽トラックはたったの3車種しかありません。

(アクティ・トラック、キャリイ、ハイゼットトラック。)

3車種の特徴と選び方について、比較検討します。

100~149万円

ホンダ:アクティ・トラック

最上級グレードのTOWN、4WD・5MTで税込1,209,600円です。

なお、居住地が豪雪地域でない場合は、FF車の選択もアリです。

その場合は、最上級グレードのTOWN、2WD・5MTで税込1,080,000円です。

他2車種と比べると、2WDと4WDの価格差が少ないです。

ただし、SUVの選び方②でも多少紹介しましたが、ホンダの4WD(笑)です。

アクティ・トラックは3ATのため、AT仕様はおすすめできません。

燃料消費率は、18.2km/L~18.4km/Lとまずまずです。

軽トラックと言えば白か銀が一般的ですが、とても格好良い黒の塗装色がおすすめです。

更に、期間限定と思われる、特別仕様車の設定もあります。

TOWN・スピリットカラースタイル、4WD・5MTで税込1,264,680円です。

なお、居住地が豪雪地域でない場合は、FF車の選択もアリです。

その場合は、TOWN・スピリットカラースタイル、2WD・5MTで税込1,135,080円です。

ベイブルー×ホワイト、フレームレッド×ブラックの2色展開です。

軽トラらしからぬ、派手な塗装色が極めて格好良いです。

どちらもおすすめですが、ドアミラーが白であることを考えると前者がおすすめです。

(通勤用に1台欲しい…)

また、アクティ・トラックの唯一の弱点ですが、ハイルーフ・ジャンボ・スーパーの設定がありません。

よって、運転席は狭く、手荷物は載りません。

そんなの関係ねぇ!

デザインやカラーリング重視の方に、おすすめです。

スズキ:キャリイ

最上級グレードのスーパーキャリイ X、4WD・5MTで税込1,251,720円です。

なお、居住地が降雪地域でない場合は、FR車の選択もアリです。

その場合は、最上級グレードのスーパーキャリイ X、2WD・5MTで税込1,102,680円です。

特徴としては、シートの厚み・シートスライド&リクライニング・頭上高の確保。

はっきり言って、後述するハイゼットトラックジャンボのパクリです。

作業性能を考えると、荷台の長さを犠牲にしてでも、快適性を追求したい。

そのようなニーズが、じわじわと増えているようです。

(垂直シートによる長時間の運転は、流石に辛い。)

キャリイは3ATまたは5AGSのため、AT仕様はおすすめできません。

燃料消費率は、18.0km/L~18.8km/Lとまずまずです。

黒、青緑、紺の塗装色が、個性的でおすすめです。

メーカーオプションで、ディスチャージヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付]の設定があります。

夜間や早朝の運転の際に、絶大な威力を発揮します。

オプション価格は、税込54,000円とお買い得ですので、設定をおすすめします。

(最近の流行はLEDヘッドランプ。それを思うと割高か?)

ダイハツ:ハイゼットトラック

最上級グレードのジャンボ“SA Ⅲt”、4WD・5MTで税込1,301,400円です。

なお、居住地が降雪地域でない場合は、FR車の選択もアリです。

その場合は、最上級グレードのジャンボ“SA Ⅲt”、2WD・5MTで税込1,150,200円です。

燃料消費率は、18.6km/Lとまずまずです。

ハイゼットトラックは4ATのため、AT仕様もおすすめできます。

(ただし、軽トラックに約140万円も出すか問われると、疑問符。)

最上級グレードのジャンボ“SA Ⅲt”、4WD・4ATで税込1,398,600円です。

最上級グレードのジャンボ“SA Ⅲt”、2WD・4ATで税込1,247,400円です。

燃料消費率は、17.4km/LとMT車と比べると落ちます。

特徴は、前述のスーパーキャリイと同様ですが、こちらが本家です。

カラーパックと呼ばれる、8色展開のオプション設定があります。

オフロード感満載の、オフビートカーキメタリックがおすすめです。

おまけで、スモークドガラスやトップシェイドガラス、IR&UVカットガラス等が付きます。

オプション価格は、税込32,400円とお買い得ですので、設定をおすすめします。

メーカーオプションで、LEDパックの設定があります。

夜間や早朝の運転の際に、絶大な威力を発揮します。

オプション価格は、税込59,400円とお買い得ですので、設定をおすすめします。

居住地が塩害地域、もしくは長期間保有することが前提であれば、ストロング防錆パックの設定をおすすめします。

荷台フルメッキ加工/厚メッキ加工となり、発錆してから塗装し直すよりも、遥かに安いです。

オプション価格は、税込27,000円とお買い得です。

軽トラックのベストバイ

予算・デザイン重視

ホンダ:アクティ・トラック

TOWN・スピリットカラースタイル

2WD・5MT

税込1,135,080円

バランス重視

スズキ:キャリイ

スーパーキャリイ X

4WD・5MT

ディスチャージヘッドランプ税込54,000円

税込1,305,720円

性能重視

ダイハツ:ハイゼットトラック

ジャンボ“SA Ⅲt”

4WD・4AT

カラーパック税込32,400円

LEDパック税込59,400円

ストロング防錆パック税込27,000円

税込1,517,400円

こんな感じでしょうか。

個人的には、アクティ・トラックの価格が魅力。

軽自動車の選び方でも多少紹介しましたが、通勤だけを考えるとアルトバンミライースの方が遥かに快適です。

一応4人乗車が可能で、荷物も雨に濡れません。

(これからのシーズン、軽トラックで青空駐車をすると荷台で雪を運ぶ羽目になります。)

ただし、雨に濡れても良いニオイの強いゴミ捨て・工具等の搭載を考えると、軽トラックの方が有利です。

(電力社員の頃、柱上変圧器やVCTの運搬に使い勝手が良いことから、ずっと欲しかったのに配備されず。)

 

以上、軽トラックの選び方についてご紹介しました。

商用車の選び方にて、引き続きまとめていきたいと思います。

それでは、また。

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ